東港西提に思う。

ヘチも終盤のようですね。

水温はまだ高いようなんですが・・

11-11.jpg

来週から、完全閉鎖なんでしょうか?

・・・

こんなに魚種が豊富で、大型も期待がもてる釣り場が無くなっていくなんて、

残念でなりません・・・



入りにくくなっても、遠く県外からは次から次と人が押し寄せています。

話かけると、福島なまりや山形なまりと、最近は新潟弁より多いような気がします。

・・・・

・・

思い起こせば、ここ西提に初めて来たのは、なんと小学生の頃。

昭和38年頃に着工されて昭和44年に開港する前にはもう、

父に連れられて西提に乗ってました。

ライトバンで堤防を走り。

その時は、今の旧灯台跡まで延びてなく、工事中の先端で大アジ(朝鮮アジと言っていた)を

クーラーいっぱいにコマセ無しのサビキで釣ったのでした。

黒鯛は高級な魚で今ほどは釣れず、当時1つしか無かった釣具屋の「とさや」の

先代と常連の父がしゃべった会話を今も覚えています。


父 「この黒鯛、魚拓とってくんなせや」

先代 「○○さん、40越えてからにしましょーてば!」

父 「いいわね! おら初めて、こんげの釣ったんすけ。」


それほど、当時はなかなか、黒鯛の大物は釣れなかったんです(^^;)

39cmの黒鯛の魚拓がまだ家の何処かにあるのか解りませんが・・・

・・・・


大型が釣れるようになったのは、やはり集魚剤入りのコマセが登場するように

なってからでしょうか?

ダンゴ釣りのダンゴを食べて、近年の新潟の黒鯛はすこぶる大きくなったように思います。

それと、「釣具店、つりのくぼた」の登場です。

近代的釣具の登場にあわせ、

落とし込みや前打ち、と言う釣法は数多くの超大物との出会いを可能にしたようです。

・・・

魚が釣れるようになれば、人も押し寄せる。

魚が湧けば人も馬鹿になり、追っかける。

もちろん、経験の浅い人は油断も多く、当然、事故も起きます。

・・・

時代の流れなんでしょうか?

訴えられたくない、管理側がとった方法。

それが、閉鎖でした。



こんな形で、この場所に来れなくなるのは、もったいないと思いませんかねぇ!?

まあ、オイラの釣りが終わるわけじゃないので、

最後まで最善を尽くし、楽しむことを心掛けますけど・・・・・・ね。





めずらしく、長文になってしまいました。

めんどな人はスルーしてね(^^)Ⅴ























スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カズさん(⌒_⌒)オハヨーゴザイマス!

最後に来てスルーとは(笑)

私たち宮城の釣り人は一瞬で釣り場を失いました。
貴重な釣り場大切にしたいですよね(*^-゚)vィェィ♪

No title

>クロ菊さんこんばんわ。

ごめんなさい、最後にスルーはないよね~(^^;)

そうですね。釣りが出来ることの喜びを思わなければならないのに、
ゴミ問題を含め自分の首を絞めるひとばかり・・・
せつないです(TT)
プロフィール

釣り人カズ

Author:釣り人カズ
黒鯛は落としこみ、前打ち
渓流はミャク釣り、ルアーを
好んでやっています。
新潟市在住です

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック