たまには、シリアスタッチで!

ガラス窓を「ガタガタ」と叩く音で目がさめて、カーテンを開けると、
工場の煙は、真横一文字に流れている。

「今日はダメかな。」
あまりの強風で、自然に口に出た言葉。

釣りに大敵なのは、雨でも、雪でもなく、
風はオモリの浮力を奪い、糸を払って、感を狂わす。

でも、昨日は落としこんでないので、なんとか行きたい。
天気図を睨みつけ、レーダーの雲を読んで、答えを出した。

「午後2時から雨は止み、夕方のみギリギリ竿を出せる。」
「風は落ちる!」

3時頃、駐車場に着くと、誰も居ない。
風は相変わらず、電線を「ビュービュー」と鳴らしている・・
波は沖の堤防を狂ったように越え、恐怖さえも感じる。

「暴風だけど西だな。」

そう、北寄りの風だと、ウネリが高くなりテトラには降りれない。
しかし、西だと、竿を持つ手は辛いが、なんとか波間には立てる。

PM4時から、テトラを見た。
立てる所は小場所を含め4箇所。
しかも、波が来たときの逃げ場を確保しなければならない箇所がその内2箇所。

12-3 003

気が抜けない海況に気を張り詰めながら、1箇所、2箇所とつぶしていく・・
しかし、暴風で糸が弛み、底が取れない。
しかも、体を押され、竿を持つ手もままならない。

「居ないな。」

足が耐え切れず、少し休んで、最後の場所。
あと、15分。
ここでダメなら、今日は、終わり。帰るしかない。

大波で打ち返されるうえに、風で、遠くまで振り込むことすら出来ない。

しかし、風は強弱のリズムがあるので、
弱まった一瞬をつかみ、大きく振り込んだ。

なんとか、入った!

着底が強風のため、解らないので、
今までの経験で解っている水深分、糸をくれる。

間をおいては、少しきくようにして。
何回目か・・・・


「クン!」

チヌが首を振ったとき特有のアタリ!

「来てる!」

「バシッ!」

強く合わせると、強風とカーボン竿の反発力が合わさって
空気が裂けた。

「キーン!」
張り詰めた糸が風で鳴る。

足場を変えると、波の飛沫が顔に容赦なくかかる。

彼は精一杯の走りを魅せ、私はそれに応える。
至福のひと時。

風を利用するため、竿を風下に構えると、彼の力をさほど感じない。

中型だと思ったが、水面に現れた姿はそれ以上だった。

12-3 002

野武士のような風格。
太くはないが、黒く精悍な顔つきには威厳さえも感じる。

「ありがとう・・」

こんなアホウと戦ってくれて・・自然と出た言葉。
風は予想どうりとは行かなかったけど、
今日、1日が充実ある日となったのは、
君のお陰だよ。

「次はもっと強く大きくなって遊んでください。」

子息を海の神様に返したあと、
逆風の中、ぺダルを漕ぎ出した。



             終わり・・プッ





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カズさん(*′σ∀`)p[☆。・:+*こんばんゎ*:+:・゚☆]

いつもと違う表現・・・・・
イメージを感じながらドキドキしながら読んでました。

最近は週末に大風が吹いて、仕事になると風が止み気分がすぐれません。

そんな中素晴らしい結果だしてお見事です!!!

オメデト(^_^)∠※PAN!

No title

>クロ菊さん、こんばんは。

ありがとうございます♪

震災から2年たちましたね。
少しでも早く、
気兼ねなく釣りができるようになることを願ってますよー!

オイラは全身全霊で応援します!
プロフィール

釣り人カズ

Author:釣り人カズ
黒鯛は落としこみ、前打ち
渓流はミャク釣り、ルアーを
好んでやっています。
新潟市在住です

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック