深くて遠い渓。

実川(さねがわ)

渓流釣りをする人なら1回は聞いたことがあるでしょう。

時々、大学のパーティーなどが事故騒ぎを起こす渓(たに)。

限りなく深く、限りなく美しい渓。

両岸は、V字峡で、どこまでもゴルジェ帯が続き、容易には人を

近づけない、渓屋(たにや)の憧れの渓です。



その片鱗をちょっとでも味わおうと、

源流部は無理だけど下流部ならと行ってみました。

30年ぶりです(^^;)

あわよくば、大本流から差してきた鬼山女魚が釣れないか・・・なんて。


13-5実川 005

13-5実川 011

甘い考えでした・・・


日帰りの単独釣行。

アップダウンの繰り返し。

たとえると、鉄棒で懸垂をしながら、階段を登り降りし続ける・・って感じ(^^;)

5時間の渓歩きで、竿を出せたのは、1時間ちょっと・・・

全身の筋肉が悲鳴をあげて、午後3時に終了。

13-5実川 008
枝沢の景色。

この枝沢から下って渓に降りようと思ったけれど、途中まで下りたら

なんと、断崖絶壁の滝・・・・

そんなことが多い上に、

魚のアタリは1回もありませんでした・・・


・・・・

やはり天然の渓は、放流が皆無な上に、遠くからも来訪者も多い。

昔と違い、魚も激減したんだろうか?

30年前に味わった、糸を「ギューン」と鳴らす、幅広山女魚はもう

出会えないのだろうか・・・・

・・・


もう一度、挑戦させてください。と山神にたのんで、

渓を後にしました。




魚の顔が見れないと寂しいんで、

帰りに寄った里沢で
13-5実川 014



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

釣り人カズ

Author:釣り人カズ
黒鯛は落としこみ、前打ち
渓流はミャク釣り、ルアーを
好んでやっています。
新潟市在住です

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック